株式会社インフォライブ

CONTACT

BLOG

お知らせ

字には性格が出る

お礼のハガキ

 

小さい頃から現在に至るまで「ミミズが這ったような字」だと言われ続け、今では手書きをすると漢字が出てこない、書きたいことに手描きのスピードが追いつかず、自分の腕にイライラする始末の水切です。

 

字とはその人の性格が出るなんて言いますが、残念なことに私自身には当てはまるようで「中途半端で妥協点が早い性格」が字に現れており、作文を書くのが未だに苦手です。あ、駄文をPCやスマホで書き散らすのは特技です…

 

そんな中、時折、お会いし名刺交換をさせていただいた方からおハガキをいただく機会があります。

 

今では電子メールなどでいただくことも多い中、この取り組みは素晴らしく私自身がなかなか真似できない部分です。

 

このようなお礼、ご挨拶ハガキを送るのは決まったことを書いているだけだと思いがちかもしれませんが、実は、続けていらっしゃる方は挨拶の中にしっかりとしたオリジナリティを入れられており、面白いほどそのハガキの向こうに人柄が見えたりします。

 

この場合のポイントは短文の中に、挨拶、感謝、自己(事業、商品)アピールが凝縮しているということです。

 

この能力は、ハガキだけでなくブログを書く時、人の前で喋らなければいけない時など、要所要所で役に立ったりします。

 

私の場合は、ハガキを書く前に日ペンの美子ちゃんを頑張る必要がありそうですね…

 

横井さん、おハガキありがとうございます。拝見し、心に爽やかな風が吹きました。
横井さんがされているお会社ユニフォームネクストはこちら

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

mizukiri 水切に聞いてみたいことがあれば、お気軽にどうぞ。
■Facebookのメッセージで聞いてみる
■お問い合わせフォームで聞いてみる

 

Page TOP