株式会社インフォライブ

CONTACT

BLOG

お知らせ

ショッピングサイトの課題を解決する方法

VQ4A1271

先日、生まれて初めてネットで服を買いました。

私自身、服に関心が低い事もあるかとは思うのですが、ネットで買う場合サイズや自分に合うのかどうか?が不安でなかなか手が出せませんでした。まあ、そこまでして服を買おうと思っていなかったというのも大きいかもしれません。

そんな私がネットで服を買ってしまいました…、ある意味、事件です(笑)。

今回、服を買った理由は、購入決定前にしっかりとしたフォローサービスがあり、ショッピングサイトにおける課題をうまくクリアするアイディアがあったため、それを試したくなったことも大きかったです。

そのサービスは、「試着代行サービス

自分の体格に近いモデル(現在14名)を選び、実際の商品(服)を来てもらった写真を送ってもらい、具合を図るというものです。

当然、実際の店舗で試着することには敵いませんが、デザインは良さそうだし気になるけど、サイズや、どんな感じになるのかな?という不安はある程度解消してくれます。その時の着心地もコメントとして一緒にいただけます。しかも、結構正直に(笑)。

通常、このような購入前に対する敷居や不安を解消させたりする方法は、どちらかというとシステムを実装させたりすることが多くなります。

例えば、メガネのOh My Glasses TOKYOさんなどは最たるもので、業界の常識を打ち破るべく度付きメガネのネット販売を実現し、そのオーダー方法には、チェーン店の発注システムじゃないのか?!と見まごうばかりのスゴいシステムが実装されています。(自社開発だろうけど、幾らかかっているんだろう…)

しかし、服を買ったお店は、実にアナログながら(きっと14名は社員の方なのでしょう)、実にユニークに解決していました。

ショッピングサイトはシステムを利用しているだけで、やはり「人」が売る、「アイディア」が売れる理由になると改めて感じました。

日々、アイディアとちょっとしたシステムを組み合わせ、最終目的を実現しようと日々提案している側としては、目がらウロコな体験でした。

これからも、このようなユニークなアイディアをしっかりと見ていきながら、色々と提案に活かしていければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■服を購入したサイト「Dcollection(ディーコレクション)」
http://clubd.co.jp/

 

mizukiri 水切に聞いてみたいことがあれば、お気軽にどうぞ。
■Facebookのメッセージで聞いてみる
■お問い合わせフォームで聞いてみる

 

 

 

Page TOP