BLOG ブログ

日常 , 青年会議所

知らないものは探さない

皆よい瞳

私が委員長をしている、公益社団法人福井青年会議所 5月度LOMの魅力発信委員会委員長挨拶より

++++++++++++++++++++++++++++++

みなさんこんばんは。5月となり各種事業も本番を迎え、当委員会の6月例会も近づきてきました。4月には臨時委員会を開催させていただき、メンバー全員の皆さんに参加いただきました。誠にありがとうございました。5月にも臨時委員会を開催予定ですので、積極的な参加と充実した例会構築準備に一丸となって邁進したいと思います。


知らないものは探さない

さて、各事業が具体化し実施されていくこの時期ですので、本日は、私の好きな言葉から少しお話しできればと思います。2つの言葉があり、一つは世界の鉄鋼王カーネギー氏のもとで成功哲学を体系化したナポレオン・ヒル博士の「思考は現実化する」、もう一つは個人的な趣味で恐縮ですが攻殻機動隊というアニメにでてくる公安9課の課長荒巻氏の「知らないものは探さない」です。

「思考は現実化する」というのは本にもなっていますので、ご存知の方もいるかもしれませんが、これは「思考しなければ現実化はしない」とも言える言葉で、「お金が欲しい」と考えたら「お金持ちになる」ではなく、「お金を得るための思考を行うことで自然と行動が伴い、現実に近づくというものです」。そして、この言葉の意味合いを理解する上で、重要な言葉がもう一つの「知らないものは探さない」です。この言葉はそのまま「知らないから探すことはない」という意味合いです。

経験上ですが、人は知らないもの、自分自身が思考しないもの、またはできないものを理解することはできませんし、判断したり、行動したりすることも勿論できません。一見、当たり前の様に感じるかもしれませんが、仕事上でお客様などの会社の事業に深くかかわった時に、このことを非常に感じることがあります。それは、事業における目標なりゴールなりを設定し実施をイメージする際に、その課程や落し込みが見えていない場合があります。それは、思考が現実化するレベルに達していない、知らないものを探そうとしているように感じる場合があります。


自分の思考を工夫することで現実化する

分かりやすくするために、少し極端な例えをしますが、売り上げを前年比の2倍にすると考えた場合、年間売上1億円を2億円にするというコトだけは理解していますが、どのようにそれを達成するか、あるいは達成するための道筋が見えていない、探していない場合です。これを先ほどの言葉に直すならば、知らないものを知るために、年間売上を細分化し、月間売上、日間売上、また担当者や商品・サービスごとの売り上げに細分化し、理解し具体的な実現方法を思考することが重要です。

この「思考することで実現化する事実」を体感できる貴重な経験が、福井青年会議所での事業構築です。特に環境としては、仕事と違い強制でもありませんし、行わなかったことによる不利益が発生することはありません。しかし、だからこそ非常に自分自身の考え方や行動が試される場でもあります。よく修練という言葉で集約されていますが、私自身は、苦しい場というより、自身の能力が試せる楽しい場であると捉えています。

5月は各種事業が目白押しです。また6月例会に向けて色々と皆さんの貴重なお時間を頂戴することになります。そんな中でも、しっかりと実現化する思考を身に着け、今後その能力を活かし仕事において更なる躍進をされますよう願っております。今日もよろしくお願いいたします。
 

++++++++++++++++++++++++++++++

■青年会議所ネタの記事はこちら

最後までお読みいただき、ありがとうござました。

 

mizukiri

水切に聞いてみたいことがあれば、お気軽にどうぞ。
■Facebookのメッセージで聞いてみる
■お問い合わせフォームで聞いてみる

 

 

date 2016.05.06

ページトップへ戻る