BLOG ブログ

ティップス , CMS , SEO , wordpress , ウェブ解析 , ディレクション

福井のような地方でホームページの集客と運用を行うには

VQ4A6800

今日は、ホームページリニューアルを担当させていただくお客様と話している中で、ホームページの集客と運用とは表裏一体であり、集客を見ながら運用し、運用状況をみながら集客を考えることの重要性を改めて感じましたので、その辺りをお話しできればと思います。

ホームページにおいて、「集客」でも悩みますし、「運用」も悩ましい問題がたくさんです。これは、ホームページにしっかりとした目的や役割を持たせている場合、どのホームページでも発生しており、今後も悩み続ける課題であると考えます。

ホームページは、よくインターネット上の営業マンに例えられますが、営業マンとすると、いきなり敏腕の営業マンではなく、新人営業マンということがほとんどです(ホームページリニューアル時は、中堅営業マンでしょうか)。新人営業マンということは、営業方法を学ぶ必要があり、営業(集客)するために日々どのような活動(運用)をするべきかを教えたり、考えたりする必要があります。

なお、今回は話をシンプルにするために、集客の定義は「自然検索」(各種ネット広告を利用しない)とします。
※利用する場合は、また後日書きたいと思います


集客の下地はホームページ構築で8割決まる​

ホームページは育てていくことが大事だと言われていますが、これは下地がしっかりしている場合の話であり、しっかりしていない状態で育てていくことは非常に難しいと言えます。例えば、新人営業マンが、官公庁などのしっかりしたお客様へ営業する場合、ジーパンに大きなプリントが入ったTシャツでいった場合、話を聞いてもらえるでしょうか?

つまり、営業(集客)するために最適な恰好なり服装にする必要があり、このことはホームページも同様に集客するための状況に合わせた構築が重要になってきます。

これは大きく2つの要素があり、

・検索ニーズ(需要)にマッチしたコンテンツ(内容)
・人の行動を予測したデザイン、構成


となり、どちらも事前調査から大枠を設計することができます。例えると、ニーズでホームページまで誘導し、ホームページデザインや構成でクロージング(成約、お問合せなどのゴール)させる流れです。

具体的なツールや手法については今回、割愛しますが、「ホームページ構築=新人営業マンの採用決定」で、集客のベースが決まってしまうことになります。

それだけに、弊社の場合、構築時の下地となるヒアリングや検討(新人営業マン採用試験)にはできるかぎり多くの時間を使うようにしています。これは前提として、資本力のある企業や唯一無二の商品やサービスを持っている企業でなければ、市場の競争にさらされざる得ない現実を知っており、弊社のお客様が持ちうる資産を最大限に利用し活路を見出すには、どの方法が良いかを戦う前にしっかりと考えたいからです。偉大な孫子の言葉を借りると「勝敗は戦う前から決まっている」ことの重要性を身に染みていることがあります。


ホームページリニューアルは最大のチャンス

新人営業マンが中堅営業マンになるホームページリニューアルのタイミングは非常に重要な機会、チャンスです。

新人営業マンが、無我夢中で汗をかきながら集めた情報が、今まさに花開く瞬間。一番の見どころに立ち会えることになります。

このタイミングでのホームページ制作を考えた場合、今までとそこから推測するこれからの展開における情報の精査、情報からの方向性の提案、方向性を運用に乗せるスキーム(ビジネスモデル)と数多くの山が待ち構えています。

どちらかというと、手法論というよりは、経営の戦略に近いのかもしれません。


運用は人であり、どうモチベーションを上げるか?

ホームページリニューアル時は、ある程度見えてきた集客への糸口を盛り込んでホームページを構築し、その後集客を意識した運営していくことが重要になってきます。

この辺りは、調査を含め商材によって、色々と変わって来ますので細かくは言及しませんが、運営において1つ重要なことがあります。

「運用担当者が小さな成功体験を積み重ねやすい流れを組む」

です。

実は、自然検索の対策とは、「キーワードなどの手法」ではなく「運用担当者も体感している本当に伝えたい何か」を伝えることが重要です。あとは、それを継続しやすい流れをどう作り上げるか…。

これは、ホームページを見たお客様の声の拾い上げを、メール経由、電話経由、人づてでもよいので聞いたら担当者へフィードバックしてあげることです。そうすることで、自分自身が取り組んでいる運用の意義を体感することになり、さらにどうしていくべきかを考え始めます。

ホームページ納品時に、WordPressの使い方説明とともに書き方から、運用面までお伝えするプチセミナーをお客様向けに行うのですが、毎回この点を意識してお伝えするようにしています。

ホームページの集客と運用は表裏一体。構築時に集客のベースが決まっていたとしても、活かせるかどうかは運用にかかっています。今後も、運用フォローについても、できる限り対応していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

mizukiri

水切に聞いてみたいことがあれば、お気軽にどうぞ。
■Facebookのメッセージで聞いてみる
■お問い合わせフォームで聞いてみる

 

 

 

date 2016.05.18

ページトップへ戻る